リアルな信オン紙芝居・壱 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

リアルな信オン紙芝居・壱

なれそめ編!?




また何かの機会には描こうと思っていた紙芝居。
真紅合戦編も描きたいなぁと思いつつ止まってましたが
今回はリアルな信オンというちょっとあやふやな世界wでのお話し。
要は私と健蔵がどうして結婚するまでになったか!という話ですね。


では はじまりはじまり~。



事の始まりは、私の何度目かの休止からの復帰。

2008年10月

この時の私は前の男と付き合って2年目を迎えていた。
前の男は長期出張と言う事で東京に一年行く事となり遠距離恋愛になってしまった。

毎週遊んでいた私は暇を持て余し、信オンの世界へ再び戻った。

IMG_20131211_071950_20131211082659205.jpg

INしてみると、その頃はまだまだ初期の知人がかなり居た。
まだ一門制度もなく、かつてより作り上げた知人欄をチェックするような日々だった。

ぎぎぎや姉御がまだいて安心した記憶がある。

その頃盛んだった九州攻略を手伝ってもらい、
私はすぐに信オンの世界へ馴染んだ。

そう馴染んで一ヶ月も経つか経たないかの頃、
岡﨑で知らない人によく誘われるようになった。

IMG_20131211_072027.jpg

それが石田健蔵だった。

2008年、今からもう5年も前の事だ。

最初の九州∞狩りから始まり、凶変狩りなどとにかく狩りに誘われた。
この時はレベル65が上限で、レベルを上げるのも大変な時代。
ちょっと前まではレベルカンストさせるのが結構大変だったのでお分かり頂けるかと思う。

脳筋健蔵の狩りは効率が良かったので
本当にただついていくだけでみるみる経験値を得られて楽だった。

元々人見知りな私はこの時無言厨。
話しかけられれば話すが、効率重視の経験狩りに誘われる事が
ほとんどだったので特に会話も無かった。

この時の健蔵は、よく誘ってくれる攻撃力の高い忍者、という印象。

その健蔵が今度はよく合戦に声を掛けてくるようになった。

IMG_20131211_072107.jpg

さっき雑魚狩りから帰ってきたばかりやないかい!
と心の中でツッコミを入れるぐらい本当に狩り厨。

しかし当時暇を持て余していた私は21~24時まではゲーム時間としていたので
誘われるがままに付いて行った。

そもそも合戦に誘われるということ自体が凄く嬉しい事だった。
元々合戦は好きでよく転生、囮、タイマン、牽制wなどしに
通ってはいたが、武将を落とすなんて事は余り無かった。
せいぜい先武将に、対人をやるときは巫女にccしてまるっきり違う遊び方をしていた。

当時まだまだ僧が旗を持つなど知人徒党以外では珍しい事で
野良ではやはり薬師を旗にすることが多い中、
健蔵は仏門である私を旗にして後陣武将へガンガン突っ込んだ。

(おいおい仏門の蘇生で大丈夫かよ)という私の心配をよそに
健蔵は次々と武将へ突っ込み、そしてまた撃破する事が出来た。

無理、とか、怖い、とか、出来ない、とか
そういう事を言うのは嫌いな性質なので
心中不安になりながらも半分ヤケ気味に付いて行った。


IMG_20131212_000413.jpg


しかし撃破出来るとその分喜びも大きかった。


はっきり言ってこの時のこの快感が私の信オンライフを変えたと言っても良い。

それまでは本当に知人だけと遊ぶことが多く
狩りよりもドロップでお洒落して、生産しながら雑談、
そう雑談ありきの信オンライフだった。

それまでもスペックだけは準廃程度を保ちつつ
そこそこのボスまでは倒してます、という状況な中
知人だけで遊ぶ、という事が多かった私は
勝てない敵は仏門である自分の回復量が少ないせい、蘇生がしょぼいせい、
だと思っていた。

そんな私が次々と武将を撃破出来てる、という事がとにかく楽しかった。


IMG_20131212_000437_20131212093529ed6.jpg


仏門でもやれるじゃん!ってその時初めて感じる事が出来た。


健蔵と徒党を組むときに雑談などはなかった。
装備、戦法、報酬、本当にゲームの話しかしてなくて
今まで遊びの中心軸としていた雑談がないのに、もの凄くわくわくして面白かった。

それまでの私は、徒党を戦闘させ続ける為のキープ力の事ばかり考えていたが
健蔵と組むようになってからは、どうやって敵を落とすか、という見方も自分の中に増えて

それによって作られる徒党の構成、スペック、戦法など
私の中の今までの考え方がどんどん変わっていく時期でもあった。


こうして次第に私も狩り厨へ、と変容していくのである。


この辺りでさすがにお互い知人、であるという認識で
知人欄からチェックしては声を掛けあって狩りへ行くようになっていた。
私はぎぎぎに健蔵を引き合わせ、弟へ復帰要請をかけ、

おもしれーつえー忍者いるぞー!と紹介した。



IMG_20131212_000506_2013121209363956d.jpg





この時から常駐の会話私設を作り、
自然と固定徒党のような存在へとなっていったのである。


一方で健蔵は、それまで固定徒党を持ったことが無かった。
だから手当たり次第に声を掛けるのは健蔵の十八番だった。

私は10年来の古参であるが、健蔵は破天(だったけか?w)から始めたプレイヤー。
健蔵がレベルの低い時に私は既にレベル50(この時の上限)で
岡﨑でうろついてるところとか、合戦場でタイマン張ってるところとか
そこかしこで見ていたという。

私が休止している間に、健蔵はすっかりレベル50に追いついていたのだった。


そこにひょっこりと復帰してきた私。


IMG_20131212_000559.jpg



おぉ昔の廃見っけ、な感じで声を掛けだしたのがきっかけだったと言っていた。



これが出会い、と言えば出会いだったのである。






[タグ未指定]
[ 2013/12/12 09:49 ] ◯信長あれこれ   信おん紙芝居 | TB(-) | CM(7)
おおっ!気になっていたなれそめ編キター!
病み上がりなので無理されないようにと思いつつ
続きが激しく気になります(*´∀`)
[ 2013/12/12 15:27 ] [ 編集 ]
久々で、アレ?どんなタッチだったっけ、と
昔の読みながら描きましたw
変な事ばかり描いてしまうと思いますが
ニヤニヤして読んで下さいね@q@

[ 2013/12/13 08:47 ] [ 編集 ]
おwはじまったw
やればできるの絵がいいわw

ハゲたおっさんのイメージ図は書かなくて正解!w
[ 2013/12/13 10:02 ] [ 編集 ]
ひそかに楽しみにしてましたw
狩りのあとの整理整頓してる姿が普段の断捨離推進してるsikiさんぽくていいですねw可愛いw
[ 2013/12/13 14:57 ] [ 編集 ]
>>ぴのこ氏
後で出てくるよ、、、その絵@w@;;;;

>>もえこさん
確かに!断捨離だwww
そういえば信長の両替所の整理整頓もきちんとやってますなw
[ 2013/12/14 16:29 ] [ 編集 ]
お久しぶりです^^
最大のカミングアウトと
また紙芝居始まったんですね^^

楽しみにしてまーす^^ノ
[ 2013/12/18 05:43 ] [ 編集 ]
お、彩さんお久しぶり!
元気にしてたかい!?

紙芝居調の方が面白いかなぁと思ってやってみたよw
暇つぶしにでも読んでねw
[ 2013/12/18 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報