リアルな信オン紙芝居・壱拾壱 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

リアルな信オン紙芝居・壱拾壱



その11。






お互い家族に話し、
あとはとりあえず会うだけ、の段階になった。



健蔵が次々と繰り出してくる瞬殺閃に度肝を抜かれているうちに
どんどん事態が進展していたので

正直気持ちの方が付いていくのがやっと、というところだった。


この頃、朝起きた瞬間、うーん夢じゃないよな?と思う事が結構あったw


しかし今後の計画も決まって、
後はその目標日まで時を過ごすだけの段階となりほっと一息、
ようやく落ち着けた。

と、そこでふと疑問が浮かんだ。



「そういえばさ、けんぞーあんなにずっと苛められてきてたのに良いの?w」←ものすごい今更感www


「え?俺は苛められてなんていないよ?wあれは愛の鞭でっしょwww」


IMG_20131221_144505.jpg


「あっそwww」


IMG_20131221_144650_20131221154826f53.jpg



私は色々と疑問だった。
私が今まで健蔵に言ってきたアレコレは
もちろん一門を良くしようとか、もっと廃な攻略をしようとか、合戦頑張ろうとか
そういう事を目的とした助言と言う名の罵倒ではあったが、
聞く人が聞けば、聞きにくいものであったとも思う。


しかしこうやって改めて真面目に話をしてみると
私の真意はしっかりと健蔵に伝わっていて
曲げて受け取ったりしている事もなく

想像してる以上に割としっかり物事考えているんだなと
この時初めて感じた事もあった。

またそういったやりとりをしながらも
その間普通に攻略行って、合戦行ってたw



けんぞーの私に対する態度はさらに甘くなり
私は延び延びと傍若無人として暴走していた。




3年知人としてゲームで遊んでいた時も
けんぞーは私の横や後ろに立つことはあっても
決して私の前に立ちはだかる事はしなかった。


どんな事でも、
どんな時でも、
白を黒と言っても、

必ず私に賛同し、味方になり、

嗜めようとしてきたり諭そうとしてきたり
注意するなんて事は一度もなかった。


それは知人歴4年目にさしかかったこの状況でも同じだった。


恋人でも恋人じゃなくても男ってやつは
少し親しくなるとそれまで褒めていた私の自由人ぷりを急に
常識ぶった態度で諭そうとしてきたりするのが常。

そして、これが実に多い。


私はもともと年上好きで、また反射的に年上は敬うものだという思いもあって
歳上から窘められると、うーんまぁそれもそうだよな、などと反省したりする。

しかしどこか釈然としないし
それが慣れに変ってくると非常につまらなさを感じる。
息苦しいし、ストレスだし、洗脳されてるような気さえする。


特に前の男はあーでもない、こーでもないと講釈を垂れる男だったので
別れた後の爽快さはたまらないものであった。


そこにきてこの男けんぞーは、今までの男とは正反対に超甘い。
私には存分に暴れていい、との事で、ゲームでもリアルの事でも許容範囲が半端無い。



IMG_20131221_144734_201312211550131d5.jpg



だからと言って私が超非常識な事をしているわけではないがw←一応言っとくね><


今もそうだが、
この心地良さは人間関係においてそう得られるものではないと思っている。




そんな感じで着々と運命の日までを過ごしあっという間に
お見合いとも言える日を迎えるのである。



----------------------------------

実は、この記事に少しだけけんぞー視点を入れてあったのですけど
スピンオフ!というアイディアが出ましたので
ちょっと思いついた事もありますし、後で別に書こうと
当初の文章は少し削除致しましたw


[タグ未指定]
[ 2013/12/22 08:53 ] ◯信長あれこれ   信おん紙芝居 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報