リアルな信オン紙芝居・壱拾五 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

リアルな信オン紙芝居・壱拾五



その15。





この日を迎えるまでにもちろん不安はあった。
でもそれは二人の間での事でだれかに反対されると言う事もなく
ほとんどの物事がストレートに通過し余りに順調過ぎる、と言える経過だった。


やろうとしている事、それをやるにはハチャメチャなほど短期間であった事
それなのに順調に順調にクリアしてここまでやって来た。


この順調さは、毎日の打ち合わせの結果でもあると言えるが
それでも余りに順調でいつか何か悪い事が起きるんじゃないか、
という何の根拠もない不安に今度は襲われたのだった。


だから私は大阪行きの飛行機の中で、落ちないでくれ、と願っていたw



そんな事を考えながらも
すぐに飛行機の中で寝てしまう私は、目が覚めたら大阪に着いていた。

どこまで真剣でどこまでふざけているのか分からないなぁ
と常々自分の事をそう思っているが、どんなに緊張していても
何故か私はよくウトウトしてしまう。


空港まで健蔵に迎えに来てもらった。
これで2度目の顔合わせとなる。


まだたったの2回目なのだからまだまだ互いに緊張感はあるものの
一度は会って容姿を確認したのだからその点での不安はもうなかった。


そこからまた観光デートをしてまったりのほほん

IMG_20131221_145432_20131223102945508.jpg


と、していられるのも束の間、今度は私が健蔵の家族に挨拶をする番である。

それにしても大阪の海遊館は良かった!
水族館好きの私はジンベイザメが見れたので大満足だった。


健蔵の両親は、うちの家族ほど信オンに詳しい訳ではないが
3兄弟妹が何やら何年も同じゲームをしている、という事は分かっているようだった。

また健蔵のお母さんはゲーム嫌いだ、
と聞いていたのでどういう反応をされるか私は緊張していた。


ゲームが嫌いな人はよく「生産性がない」という点で攻め入ってくる。
特にネトゲに関して。
だがそりゃもうそれに関しては論破出来る自論を持っているものの
結婚相手のお義母さんを論破しても仕方がない。

だからゲームに関して何か言われたらどうしよっかなーと考えていた。


焼き肉屋さんで会食という形となったのだが
健蔵のお母さんは想像と違って物腰の柔らかい人だった。

大阪の人って何となくきついイメージあるからさ、、、w


でも出身は大阪ではなく嫁いで来たという事なので納得した。

IMG_20131221_145450.jpg





私はとても緊張していたが、
健蔵の弟の炎に、妹の鈴もいて
そこはオフ会さながらな雰囲気がやはり漂っておりw


またしてもご挨拶という空気は薄く終始和やかに時間を過ごせた。


和やかだったのは良いが、
本当にただ単に美味しい焼肉を食べたというだけで
本当にこのまま帰って良いのかしら?
ちゃんと何も話せてないのに?

という思いはあった。


しかし健蔵の両親は割と大人しい雰囲気の両親で、
ちゃきちゃきの鈴と場を盛り上げようとする炎とマイペースな健蔵の3兄弟に
ペースを持っていかれているようで、話したくても話せないような感じは若干受け取ったw



そんな事はどうでも良い鈴と炎は「ほんとのオフ会しようぜ!」
と盛り上がっていたので翌日また4人で呑んだw



IMG_20131221_145503_201312231031231b4.jpg



さらにUSJに至っては鈴も一緒に行きたい!と前々から言っていて
健蔵は「なんであいつデートの邪魔するんだ!?あほじゃないのか!?」と怒っていたがw
私は「まぁ北海道に移住したらそうそう会えなくなるんだし良いんでないの?」と

3人でUSJで遊んだのだったw



IMG_20131221_145534_2013122310324852b.jpg


そんなこんなであっという間に3泊旅行も終わってしまうところだが
健蔵の両親が空港までお見送りに来てくれると、聞いていたので
そこで少しお話出来るかな、と考えていた。


実際、お見送りに来てくれたのは良いのだが、空気が実に重いw
飛行機の時間までがなかなかに長く感じられた。


それは健蔵がお母さんの前だとものすごく無口になるからだ。


本当に驚くほど何もしゃべらないし、目も合わせない。

私はとてつもない居心地の悪さを感じたw


そんな雰囲気を察してか、お父さんは健蔵を連れて喫煙所へと席を外した。


そこで健蔵のお母さんはぽつぽつと話し始めた。


「ゲームの人っていうし、茶髪のチャラチャラした人が来たらどうしようと思ってた。
 でも息子の決めた人だからな、と心配していたが、見て安心した」

とか

「最初はどうせ騙されて泣かされると思っていたから
 本当にここまで話が進んだのでびっくりしたけど
 しっかりしてそうなお嬢さんで良かった、
 どうぞよろしくお願いします」

とか

涙ながらに話してくれた。




私は何て言って良いか分からなかった。


こんな時どういう言葉を発すれば一番場当たり的に良いのか、
あまり想定していなかったので言葉が出てこなかった。

もっと色々と北海道に行ってからの計画とかについて
具体的に質問してくると思っていたからそういう事ばかり答えを用意していたのだ。



そして出た言葉が






IMG_20131221_145620.jpg



だったw




内心(何か違う気がする)とか思いつつも、


健蔵のお母さんから話題に触れてくれた事で
聞いておかねばならない事を聞くチャンスが生まれた。






「あの、、、、その言いにくいんですけど、この先結婚するとして
 健蔵君は姓を私の方に変えるって言ってるんですけど良いんでしょうか、、、?
 長男ですし、そのへんどうお考えなんでしょうか?」



そう、健蔵は張り切って婿になると宣言していたのだった。



最初私は冗談だと思っていた。


婿になる場合には大抵理由がある。
1つ目は、娘しかいない家の娘と結婚する場合、娘実家の名前を継ぐ為。
2つ目は、実家と縁を切るという意味合いを持たせる為。

この2つが大きな理由となるだろう。

でもうちには弟がいるし、
どうしても私の家の姓を受け継いで欲しいなんていう親の意志もない。
これで変に受け取られて健蔵の親とウチの親の仲がこじれても嫌だなぁと思っていた。


しかし健蔵はそんな事気にしている様子は無かった。
北海道へ移住する前に既にその事は両親へ伝えてあり、本人はやる気満々だったのだ。


「本当に言ったの?」


「言ったよw」


「言ったよってwそれってただ本当に言い放っただけで、話し合いはしてないんでしょう?」


「ばれた?w」



ばれたwwじゃねーだろwwwwww



色々な事を淡々と着実に決めてこなしていった健蔵だが、
どうしても母親との話し合いだけは上手く出来ないでいた。
それはこの事に限らず今までの人生においてずっと。

だから私はそれ以上母親と話し合えとは無理強いはしなかった。

話し合ったところで話がこじれるだけで良い方向へは向かわないだろうと考えた。

そういう事もあって、
この顔合わせの時には私がしっかりとこの事を確認しておかなければなるまい、
と決めていた。


相手の親に会って、初っ端に聞く質問がこれってどんだけハードル高いんだよwww



しかし今しかない!と思って聞いてみると


「私たちは別に姓が変わっても構わないのよ。
 特に受け継がなきゃいけないって家柄でもないし
 今まで苦労させてきたあの子には自由にしてもらって構わない。
 ただあなたには弟さんもいるっていうから、
 あなたのご両親が嫌じゃなければ、という話なんだけれど。」


との事だった。

しかしだからと言ってその場で、ありがとー!じゃそうするねー!って
軽く決めていく様な事でもないのでw


「そうですか。それではまた帰ってからウチの親とも相談してみます。
 とりあえず健蔵君のお母さんは本当のところでどう考えておられるのか
 きちんと聞いておかなければと思っていたもので。」


本当に結婚が決まれば、という過程の元の話を少しして
健蔵の両親はいずれあいさつに北海道へ来るとの事で
お見送りをしてもらった。



IMG_20131221_145641_20131223104110f08.jpg




この日、二人は北海道へと帰り、


健蔵は本当に北海道へと降り立ったのである。



[タグ未指定]
[ 2013/12/26 09:45 ] ◯信長あれこれ   信おん紙芝居 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
マイクラ(PS4)
Minecraft_ PlayStation®4 Edition_1
2017年マイクラPS4版開始。 サバイバルモードをピース~ノーマル(オフライン)でプレイ中。
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ジオン軍所属。 現在プレイ頻度は極稀に。 以下、愛機。
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
将星鯖→真紅鯖と徳川家、『傍若無人』補佐として活動。 2014年に引退?現在休止継続中。
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報