続・実家断捨離 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

続・実家断捨離


昨日もお手伝い。





母上、頑張っております。

というのも、新居用家具類が続々届くので
それを置くスペースも確保しなくてはいけなくて
断捨離が促進化されています。



母も衣類の古いのはもうバンバン捨てているそう。


「あー、捨てたんだ?ハードオフ持ってけばいいのにw」

「こないだので心が折れたよ、、、w」


こないだ、というのは
45リットルのゴミ袋でいうと4~5袋相当の量を持ちこんだら
なんと290円にしかならなかったというwww
私的にはそれ捨てたらゴミ袋代だけで600円ぐらいになるんだから十分だと思うんですけどね。
20年前の衣類も入ってたんだしw

でもまぁそれを持って行く時間やガソリン代を考えるとバンバン捨てたくなるのも分かる。
なにより手間だからね。


「だからこのへんのバッグ類も全部捨てるかなーって。」


「えー、でもこれ絶対買い取ってくれるよw」


「でももう行くの面倒くさいから良いかな…。」


「んじゃー頂戴、これ帰りに売ってからマンションに帰るからw」


「いいよいいよw」



と私は自宅に帰る途中でハードオフへw
450円になりますた@w@

平日の19時とかだと空いてて良いですよ!
査定なんてすぐ終わるので。
近くになくてそんな気軽に行けない場合とか
土日に持ち込むとそれなりに時間掛かるんだけどね。


まぁ、こんな感じで衣類なんかはママ1人で結構判断していけるんだけど
小物類が得意じゃないようだね。


「なにこれ、使うの?」

「んー、、、、どうなんだろう?」

「んじゃ要らないね。」ポイっ。


「これは?」

「んー、、、それは◯◯のやつ。」



「だから?www」ポイッ。




ママはこの「~のやつ。」「誰々がどうしたやつ。」という


その物の説明は出来るのに、
それを使うかどうか、必要かどうかが分からないっていうね。


だから 要るかどうか。が重要なのって言ってるのだよ。


だから



「だから?www」



と言って捨てるのだよwww




ママは「あんた、『だから?w」ってwww」って言って笑ってたけどw



最近の私の口癖になってるかもしれない。




「で?」

「だから?」

「だから何?」




怖いネー…@w@




とりあえず、これはと聞いて
「要る!」と即答するものは捨てずにとっておいてあげてますw



そして錆びた謎の鍵発掘。



「なにこれ。捨てるよ?」


「え、、、でも困らない?」


「何十年も鍵ない~って困った事ないやろwww」ポイッ。


家とか車の鍵っぽかったらさすがに捨てませんが、
どう見ても良くて自転車の鍵、みたいな簡易的なアレだったので尚更ポイですわ。


そして貰い物のタオルとか、
箱に入ったままのギフトとか、


「これはストック品だから使うから持ってく。」と言ってそのまま箱に突っ込もうとするので


「いやいやこれは全部包装紙破くでw」


と全て丸裸にして箱詰め。
箱に入れっぱなしだと新居行っても絶対使わないまま放置数年とか有り得るからね。
それに後からゴミ捨てるのもしんどいよ、こんなに量あると。
だから今捨てれるものは捨てるのさ。

そして今度はほんとにもう!使わせるw



「ママー、新居行ったら勝手に収納しちゃだめだよ?
 私が指定するからその通りにするようにw」



とこんな偉そうに言ってると普通は反発してくるものですが
うちの母親は今はとっても素直です。


「うんー、頼むよ~?w」



うちのママンは、元々使えるものは何でも使えっていう人なので
私をこき使ってやろうとしていますし
私は私で自己満を満たそうとしてるのでまぁ良いんじゃないかなw


でもちょっと前まではママも少しは反発してきたんだけどねw

ただ、本当にもうあと2ヶ月で新居に移るって事で
時間制限付きでこの家をいちから整理しなきゃいけない事になって
この総数の多さに疲れてきているのもあるからだと思うw


パパは出張で全然居ないから一人でやらなきゃいけないからね。
もちろん力仕事は弟も手伝ってくれるけど細かい事は全部ママ一人だし

そこに『口がうるさい私でも』こまごまとしたことを手伝ってくれるんなら
大歓迎という感じなのだと思うわw


私にとっては、今が好機じゃー!!!って感じかな@w@



今は処分している量も半端ないのだけど
まだまだ「取っておく」と言って新居に持って行く予定の量も多い。
その中には今判別出来なくて分からないまま持ち込むものも多い。


そんな中で、実際に新居に移ってから落ち着いて収納していく際、
やっぱり要らないかも?というものも出てくると思う。


でも疲れていたり、考えるのがもう面倒臭くなっているママは


「あーいいや、とりあえず入れておこ」


となるのはもう目に見えている。


そして繰り返す悪夢。




これを断固阻止しなくてはならない!@w@




なので超口酸っぱく「勝手に収納しちゃだめよ」と言ってありますw



ものは、ストック品であればあるほど

タオルはタオルの住所、
消耗品は消耗品の住所、

とそれぞれの住処を作ってあげなくてはいけません。


決まったものは、決まったところに
これを必ず守れば絶対に散らかる事はないので。


今は物が多すぎて、ものの住処を作ってあげる事も出来ないし
作っても あれ?どこだっけ?あれ?満杯だな、と
また違うところに適当に住処を作るから
混沌とし溢れ出てしまっている状態。




とにかくね、具体例にタオルばかり名前を出してるけどタオル多すぎw


「あの箱何入ってるの?」

「んー?」

と開けると必ずタオル出てくるんだよね。
笑えるぐらいタオルの出現率が高いww


で、その度に「使うから」って新居に持って行くようの箱に突っ込むわけ。
適当に突っ込んでいるので今タオルの総数どうなってるんだろう?って感じ。


とりあえず、新居に入ったら
カテゴライズから始めないと、と思ってる。


で、それぞれの総数を把握してそれを収める箱を用意するなりして
どこに何を収めるか決めていかないと。
そこであまりにも多いようならその時に捨てるしね。
未使用品のタオルなら寄付でも良いと思うし。


そしてとにかく「透明感」を第一に目に見える収納にしていこうかと。
収納容器にもテプラでばんばんネームを付けて
見てすぐ分かる、収納にしようと計画中。

見てすぐわかれば、記憶で把握出来てなくても片づけ出来るし。


さらに、、、


家の中がゼロの状態でカテゴライズ出来れば
それらを収納する前にもっと捨てられると、私は睨んでいる@w@



「え、、、これこんなにあったんだ!?」

「そうだよ、使い切れないよー、とりあえず古いのは捨てよう?
 新しいの今からもう使いなよ。」



というやりとりが行われるのを妄想中←ド変態@w@



とにかく、チャンスはその瞬間しかないと思うので
自分の家置いといてでもやらねばwwwww


実家の設計図一枚コピーしてもらって、それに収納計画書き込もうかな。
物を減らしているとは言え、すべてが納まるのか正直なところ不安だな。

私の見当だと、食器類が一番怪しいんだよなぁ。
そしてこの予想はたぶん当たってしまうんだよなぁw
何とかもうちょっと策を練らねば。



我が家はというと、

設計図の段階でどこにどれをどのようにカテゴライズして収納するか、
考えて作ったのでもう既に考える事がほとんどない、という寂しい状況。


しかもラックに合わせて100均で収納容器も購入してあるし
既にそれに貼り付けるラべルまで作ってあるというキチガイっぷり。
ほんとにあとはもう決まったところに入れるだけ、なんだよね。

出来上がってからじゃないと分からない部分もあるけれど、
たぶん瞬殺できるレベルじゃないかと。



しかし、相変わらずばぁちゃんは危ない@w@www



「カンガルーのぬいぐるみ、これフリマ行きだね?w」

「それパパがオーストラリア旅行に行った時のお土産だからなぁw」

「飾るとこあんの?w」

「ないw」

「でしょー、お土産だからとっておくって言ったって、
 ものに押しつぶされちゃ意味ないっしょw」



と言ってフリマ行きBOXに入れといたら
休憩しなよと差し入れを持って現れたばぁちゃんが


「あら、これはベッドにでも飾っておきなさいよw」


とまた取出しやがった@w@;;;;



「それはもうフリマ行きって決まってるのwww」



とまたぶち込んだが、
この調子で物を戻すんだよね。



ママが捨てた漢方の本もいつの間にか家の中に戻ってたからねwww
一回外にまで出てたのにwww

いつ漢方処方したんだよwww出来ないやろwww

と言いたい、この10年で一度でもあの本読んだかよとw



なので、私がまた捨てといた@w@v


私とばぁちゃんの攻防は続くwww


[タグ未指定]
[ 2014/02/14 10:34 ] ◯家   断捨離 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報