かくかくしかじか 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

かくかくしかじか


早速、TUTAYA。



結局図書館にはいかなかった。
昨日は健蔵が休みだったから、
帰ったらまずは二人でウォーキングに行って
小一時間歩いた後にご飯食べに行って、そのままTUTAYAにしたよ。

図書館もしまってたし。

んで色々借りた訳で以下読感。


『かくかくしかじか』5巻 完結

この人は育児系コメディ?漫画が
大ヒットしたらしいんだけどまだ読んでない。
ママはテンパリストってやつね。
子供でも出来たら読んでみようかな?

かくかくしかじかは、この人が漫画家になるまでの人生が描かれてる漫画。
その心理描写が正直で切ない。

若気の至りというか、
若さゆえの判断というか、
もう一方でこういう選択肢もあったかもしれないってちょっと振り返っちゃう感じ。
だからと言って、戻りたい訳でも、もう一方の選択肢を取りたかったって訳じゃないんだけど
何となく時々思い出しては自分で切なくなるような、何とも言えない気持ちになるってやつ。

何と言うか、多かれ少なかれこういう気持ちを味わった事がある人って多いと思うんだよね。

若い時にはみんな経験してると思う。

この漫画家の師匠とも呼べる先生がさ、あまりに純粋過ぎて。
それが気持ちに辛いよねぇ。

それでいて、絵画って、芸術じゃない。
同じ描くんでも、漫画が芸術かと言われればNOではないけどYESでもない、みたいな。

今や漫画もクールジャパンの文化の一つで、
漫画の影響力たるや凄い物だけど、
じゃぁゴッホとかピカソとかの域に行き着けるのかと言われれば難しい問題で

しかも作者本人が漫画が描きたい!漫画が!ってなれるほど一本なら
ここまで悩まないし、切ない思いもしなくて済んだのだろうけど
絵画芸術にも心惹かれるものがあるから余計に先生の純粋さが辛いんだよね。

しかもさ、芸術とか才能ばかり追い求めて大した芽も出てなく
ただ歳ばかり取ってるような絵描きだったら作者もここまで心酔しなかったと思うんだけど
この先生のすごいところがまた、絵描きなのに妙に現実主義というかね。

絵画教室で生計を立てて、生徒をしっかり美術大に入れる
あの熱意と、芸術とは裏腹な根性論とその理念がまた斬新で
スポ根に通じる物があったよ。

先生は人生の最後までドラマチックだった。

作者は自分の漫画が売れ始めたところだったから
必死でなりふり構わず描きまくっていた頃で

あの時、先生と最後に会話出来たらって思ってたみたいだったけど

そんな事先生は何一つ気にしてないんじゃないかなぁと思ったよ。


もちろん来れるのだったらそりゃ嬉しいだろうけど、
『とにかく描け!』が口癖の先生がさ、
漫画と言えどあれだけ作者が我武者羅に描いてたんだから
それを知ったら嬉しいと思うんだよね。

芸術作品でも、漫画でもそういうのは関係ないと思うんだよね、私は。

そこに向ける熱意に上下の関係はないと思うから。
一生懸命に、ひたむきに、向かっていくのは同じ事だと思う。

そんな事すらも先生と言う人は、考えてなさそうだな、と思った。

だって先生だってどんなに描きまくったって、
大芸術家になれてるわけではないじゃない。

だからそういう事じゃなくって
先生は人生そのものがもう芸術になっちゃってるから
他人にも描く事を強要しないというか。

描け描け、とは言ってるけど、じゃぁ描かなかったからって
それを責めたシーンって一度も無かったよね。

そこが凄く良いなって思った。

作者もそうだけど、みんな、その先生の純粋な描く事への熱意に惹かれる反面、
それに付いていけない後ろめたさというか、葛藤があったと思う。
若さゆえに新しい世界への誘惑や、挑戦に心惹かれて
そこに時間を傾けてしまうのも当然だと言えるし、

何せ終始この心の葛藤というか、これが切なかったね。


いわゆるモラトリアム期間をちょっと後悔出来る人には
是非読んでほしい作品。


私も、もっと有意義に過ごせてたらなって
今の人生に後悔はないけど、
でもあの時間を無駄に過ごしたような気持ちは十分に共感できるので

しみじみと余韻の残る良いマンガでした。



-----------------------------------------------------

後はまぁ色々続き物を借りてきましたよ。

ジョジョリオン最新刊にも追いついた!
いやー、長かったw

ジョジョ第一部からしっかり読み込んだからね!
ようやく最新刊に追いついた、嬉しい!

絶対後に伝説として残るような漫画家がまだ現役でいらっしゃるのも喜ばしい事だけど
その最新刊に追いついて今待ちわびてるこの状態が幸せだと思うわ。

漫画でも映画でも、あとから凄かった!って注目されるのも多いからね。


あとは、ワンピース、いぬやしき、俺物語、キングダム、グール、ヒストリエ、亜人、
タイトル失念しちゃったなんだっけ、ゴキブリじょうじのwと、累、
このあたりかな~新刊ようやく読めた。


『NARURTO』のサラダの単巻も面白かったよ。

もう次世代の話だね。
NARUTOが火影になってて、NARUTOの子供が生まれて。
主人公はサスケの娘、サラダの話だけど
私も実際、映画かなんかの絵だけ見た時は

え?サスケと桜の子供だよね?

っていう印象は拭えなかったからw
途中までほんと違う人の子供かもってドキドキしながら読んでたw

すごく面白かったけど、でもやっぱりサスケが桜と結婚っていうのは
未だに違和感があるなぁ。
サスケ自体があんだけ拗れたからねw

ストーリーは最高に面白かった。


『予告犯 コピーキャット』

映画実写化で話題になった予告犯の続編で、
続編も3部構成できちんと終わって読みやすいんだけど

終わりがどうにも同じかーと、
それが良いような、うーん、悪いような。

しかもさらに続編あるっぽいような終わり方してたけど
また出るのかな?売れ行き次第かな。

この人、横顔描くのちょっと下手だね。
どの顔も、横顔がみんなゴリラというか猿人ぽい。。。

お話は面白かったんだけど、オチが前作と同じ
わざと自分だけ重罪になるようにしてってのがちょっと冷めたかな。

前作を超えるって感じじゃなかったのが残念。


『魔法使いの嫁』

これはなかなかのおススメ。
超おススメじゃないのは、何となくありきたりで、斬新さがないからかな。

絵が絵本の世界みたいにキレイで
どのページも丁寧に描かれてて見てるだけで楽しいし、
登場人物も魅力的で、このファンタジーな世界観にどっぷりはまれる感じは良い。

感情の行き来とか、主人公の女の子がジブリっぽい。

ただ個人的にはどことなく既視感があるのでどっぷりはハマれないかなぁ。

登場人物がどれもすごく魅力的だし、
ちょっと恋愛要素も含んでるので今後も楽しみにしてる漫画。

あと色々出てくる非現実的な生き物たちも楽しみ。


続き物の新刊もあれこれ読んだけど、
私的には、亜人が今一番面白いかなぁ。

この人の描く、間というか、セリフのない表情だけのコマが好きだな。

何とも言えない。
ん?と考えさせられる。

主人公がつかみどころがないから余計かな。

何とも言えなくて上手いなぁと思う。

絵は決して上手い方だとは思わないけど。
ストーリーはもちろん面白いね。

読んでるだけだと、主人公ってどこまで人思いで、
そしてどこまで割り切ってるのか分からない。

その危うさに引き込まれる漫画だなぁ。

どっちなんだろうね。


『オキテネムル』

このタイトルのセンスのなさとか、
わざとらしい奇をてらったような発想とか
物凄く捏ねて捏ねて捻り出した感のある漫画。

でも悪いって訳じゃなくて
展開はそこそこに面白い。

導入部分では、グールのぱくりかよ?って感じだったけど
読み進めるとそうではない。

でも何か人為的過ぎて今後期待薄い。


『新撃の巨人』

今回も面白かった!
今までも割と展開テンポ良く
謎と謎解きが上手い具合に進んできたけれど
今回も相変わらずいい具合に謎が飛び込んできてる。

読者が吸い込まれる、え?どういうこと?展開と
その後の、わぁ!そうだったんだ!展開のテンポって一番難しいと思うんだよね。

謎展開があっという間だと面白くないし、だからってダラダラしてると萎えてどうでも良くなるし
謎が解かれる時も同じ。

そして解かれた後も重要で、次の展開に行かないとダラダラするからさ。

この展開具合が絶妙な漫画だと思う進撃の巨人は。


この巨人の神というか、元祖たるシステムとか、
それをどうにかしようとしてる派閥の動きとか、
超楽しみ。


『地獄先生 ぬ~べ~NEO』

新しくやってたなんて驚きw
ドラゴンボール超と同じノリだねw

作者も一回完結させた漫画をもう一度描くって大変って
あとがきに書いてたけど、設定いじらないといけないから大変そう。

しかもぬ~べ~の絵が全く年齢重ねてなくて草。

ジャンプで読んでた時は気にならなかったけど
原作と作画別の人なんだね~。

作画の人少女漫画系なのかな?

ジャンプで読んでた時は自分も中学生だったから全く気にならなかったけど
あれから漫画を読み続けてる今の自分としては

アクション描写ひどいなぁとか思ってしまう、、、

ギャッと出てきた化け物を、鬼の手てでジャッと切り裂いて終わり、みたいな。
走ったり飛んだりしてる動きのシーンもワンパターンだしね。

ストーリーもいかにもな題材多くて、今更感というか目新しさがないかも。

昔読んでたからそのころの登場人物はちゃんと大人になっていて
こんな風に成長してこんな仕事してますってのは面白いね。

あと少年じゃなくて青年誌に移ってるからお色気描写がもっと過激に増えたかな。
でも当時の少年ジャンプの登場人物のお色気は少ないので
少年ジャンプに載ってたからっていう制約があるのかな?
変なデブおばさんの乳首が描かれてたのに(誰得)
キョウコちゃんとか、ミキの乳首がない!(怒り)

とりあえず懐かしさで次も読むと思いますw


『コンプレックス エイジ』

こんな事考えてコスプレしてるんだなぁと
勉強になるというか、そういう感じで読んでる。

主人公がね~、何か共感しづらいというか
わざとらしい主人公マンセー描写がいけ好かない。

漫画は面白いと思うんだけどね。

今後主人公が人間的に成長してくれたら良いなぁ。

あとは、タイトル通り、若かったら無条件に許せる趣味というか
年齢を重ねると痛くなってしまう趣味とどう付き合っていくか

っていうのが最大の読みどころだと思うので
この点に関してはすごく考えさせられる漫画。

私のやってるハンドメイドだって
今だってもう売るにしては作り手の年齢が30オーバーだからねぇ。。。
かんわいいいいいものって、おばさんが売ってるて妙な感じあるじゃん。
例え装着していなくても。

その辺いつまでやっていいのかって思うところはあるには、あるよ。

いつまでも関係ねーや!って開き直れるのか
ネット販売に移行するのか、
今後実際出店で体感していくのだと思う。


と言う感じで、足早に読感終了。

前回のTUTAYAの分も混ざってるけど、
もっともっと色んな漫画読みたいなぁ。


[タグ未指定]
[ 2015/10/08 10:52 ] ◯個人的評価 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
マイクラ(PS4)
Minecraft_ PlayStation®4 Edition_1
2017年マイクラPS4版開始。 サバイバルモードをピース~ノーマル(オフライン)でプレイ中。
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ジオン軍所属。 現在プレイ頻度は極稀に。 以下、愛機。
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
将星鯖→真紅鯖と徳川家、『傍若無人』補佐として活動。 2014年に引退?現在休止継続中。
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報