自己愛性人格障害とは 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

自己愛性人格障害とは


そもそもの定義とは




名前からして一見

自分超大好き、自分最高、愛しすぎてる
みたいな印象を受けるけど
それとはむしろ逆な性質が元になっている。

---------------------------------------------

自己愛性パーソナリティ障害の人物は傲慢さを示し、優越性を誇示し、権力を求め続ける傾向がある。
彼らは称賛を強く求めるが、他方で他者に対する共感能力は欠けている。
一般にこれらの性質は、強力な劣等感および決して愛されない
という感覚に対する防衛によるものと考えられている。(wikiより)


---------------------------------------------

要は、自分に自信がない、ということです。

さらに

---------------------------------------------

自己愛性パーソナリティ障害の症状は、高い自尊心と自信を備えた個人の特徴とも似通っていると捉えることができる。
そこに違いが生じるのは、これらの特徴を生み出す、基底にある心理機構が病理的であるかどうかである。
自己愛性パーソナリティ障害の人物は人より優れているという固有の高い自己価値感を有しているが、
実際には脆く崩れやすい自尊心を抱えている。批判を処理することができず、自己価値観を正当化する試みとして、
しばしば他者を蔑み軽んじることで内在された自己の脆弱性を補おうとする。
痛ましい水準の自己価値観を有する他の心理学的状態とは対照的に、
自己愛的な性格を特徴づけるのはまさにこの所以である。(wikiより)

---------------------------------------------

これも、自分に価値を感じている反面、実は自尊心が脆くて
批判を処理できずに攻撃的になる、という感じかな。


でもこれも元々さ、ほっときゃ害のない人間でしょう?
私自身がそうだから分かるけど、攻撃されなきゃ攻撃しないよ?

打たれ弱いから、打たれ強いからって、そういう事を判断材料にして
誰かを攻撃して良いなんて事にはならないんだし
誰にだって好き勝手に相手を批判する権利なんてないでしょ?

だから、私は敵か味方かを見分けるのは速いし
その能力に関して有能なんだと思うよ。

具体的に言うと
大体ちょっと下品で頭悪いのはもう何か不躾な事してくる確率高いからね。
顔つきや目つき、話す雰囲気で分かるでしょ、そういうの。

自己愛性人格障害だのなんだのとあるけど
こっちからしたら元をたどれば、批判する奴が悪いんだからね?

としかやはり思えないわ。


まぁそれはおいといて。


人格障害の一つとして、脅迫性障害がある。
この脅迫性障害になるにはいくつものルートが存在するのだがその一つに
自己愛性人格障害があるのだそうだ。


----------------------------------------

強迫とは、同じ思考を反復せざるを得ない強迫観念と、同じ行為を繰り返さざるを得ない強迫行為を指すが、
これらの症状の背後には強迫症者の持つ自己不全感が関与している。
行為や思考を強迫的に反復して完全を期すことは、自己不信という根源的不安を防衛し、
自己の完全性を維持することへと繋がる。(wikiより)

----------------------------------------

これがまさに自分が過去、
学生時代にしていた癖の事だった。
例えば潔癖症のような手が擦り切れるほど荒れてるのに
何度も何度も洗わざるを得ない、という
見た目に分かるほど酷いのにやめられないというような種類の事柄ではない為、
脅迫的なものだとは認知していなかったが

今こうやって文章を読むとよく分かる。

私はあの時小学生から始めた夜の癖は、高校卒業するまでやめられなかった。
そうしないと安心して眠れなかったから。

大学生活は、講義一つとっても
テキストを忘れたからって忘れましたなんて申告する必要もないし
ただ友人に見せてもらえば良いだけ。
もしくはなくても講義は受けられる。
厳しい教授の講義であれば、範囲分を講義が始まる前に
コピーを取っておけば一日過ごすぐらいなんら問題無かった。
また元々自分の好きな英文科に入った事で必須科目は当然英語に関するもの。
高校生の時のように自分の苦手な科目が必須ではない為、
そこからくるストレスもなく、必須ではない科目だって好きなものを取れば良いだけ。

そういう積み重ねで、少しずつ私のストレスは緩和されていったのではないだろうか。
大学2年になる頃には私のこの夜の癖も自然と無くなった。

また、強迫観念との関連性のほかに

恥(羞恥心)との関連性も強いのが自己愛性人格障害だ。


----------------------------------------

自己愛性パーソナリティ障害の人物は概して恥をかくことをひどく恐れる。
精神分析医のアンドリュー・モリソンは、恥や羞恥心の感覚は
自己愛の傷つきによって生じる感情と捉えた。
初心者が犯しても問題にならないような初歩的なミス(たとえば将棋の二歩など)を、
専門家が犯すとひどく恥ずかしく感じるのは、相応に高い自負心を持つ当人にとっては、
それはあってはならないことだからである。すなわちプライドが高ければ高いほど、
自己愛が先鋭化しているほど、失敗した際の恥の感覚はより一層強まる。
恥の体験のしやすさと自己顕示的傾向は相関しており、
恥の感情と自己愛が表裏一体の関係にあるといわれるのはこの所以である。(wikiより)

------------------------------------------

これも強迫観念と結びついてて
恥をかきたくない一心で、寝る前の予習とシュミレーションを欠かすことが出来なかったわけだからね。

こういう事は全て結びついているのだなって思うよ。

ちなみに今は恥をかくという感覚に大分鈍くなってきてると思う。
恥ぐらいかいたほうが自分の為になると思える事もあるし、
それよりも素直さの方が大事で、自分にとって得な事の方が多いって
実感出来てるからじゃないかなぁ。

昔は恥をかくことを恐れてたなって振り返れるぐらいにはなってると思う。
まぁ単におばさんになって図々しくなったとも言えるんだけどね。

ただし、恥に関しては今でもまだまだな部分もある。

--------------------------------------

プライドの高い人間が最も避けなければならないのは、狼狽する自分の姿が衆目に晒されることであり、
他人から認められたいという人一倍強い欲求が、彼らを圧倒して強い緊張を生みだし、
それはやがて恐怖感となって彼らを覆うようになる。対人恐怖症や社交恐怖をわずらう人もまた、
自己愛の病理を抱えている。自己愛性パーソナリティ障害の中でも過敏なタイプは、
恥の感情に特徴づけられ、強い羞恥心と対人恐怖的な性格を有している。

---------------------------------------

友人が少ない理由がここに出てる気がする。
不躾な人は、大概人前でやらかすからね。
人前で陥れるようなことをするから、それをその時平然な顔でやり過ごすことが精いっぱいで
でも内心物凄く驚いてる訳だから。
こういうのは精神衛生上、縁を切るのが一番なわけだ。
だって付き合いを続けなきゃいけない理由なんてないんだもの。

私は社会生活は人並みに遅れているのだから対人恐怖症という訳ではないんだろうけど
ただ軽度である、というだけで人付き合いはしないからね。
怖いって言うより、面倒くさいし、好きじゃないし、ひたすら他人に興味ないから。

ただこういうのを理解したうえで、その時その場で
不躾なやつに上手くやり返すという方法を私は模索したい。


さてここで、自己愛性人格障害の因子となるものを見ていく。


--------------------------------------

自己愛性パーソナリティ障害の原因となる因子
①生来の過度に敏感な気質
②現実に立脚しない、バランスを欠いた過度の称賛
③良い行動には過度の称賛、悪い行動には過度の批判が幼少期に加えられた
④親、家族、仲間からの過剰な甘やかし、過大評価
⑤並外れて優れた容姿、あるいは能力に対する大人からの称賛
⑥幼少期の激しい心理的虐待
⑦予測がつかず信頼に足らない親の養育
⑧親自身の自尊心を満足させるための手段として評価(wikiより)

------------------------------------

これは分かりやすくリストアップされたもの。
これらのうち、私はたぶん④と⑧の2つが該当するはず。

私は両親や祖母に叱られた、という事がほとんどない。
叱られるほど悪い事をした事もないのだが、
それでも物心つく前に何かちょっとした悪い事をしてしまった時に
母が私を叱ろうものなら祖母が飛んできてそれを止めたらしいからね。

初孫、第一子というだけで過度に甘やかされたというのは
十二分にあると思うよ。

また⑧に関しては
私がそのように褒められ、甘やかされ育った結果として
私は逆らわない、大人しい、自分の事は自分でする、子供になっていったからね。

そういう子を親戚は、良い子ね、良い子ね、って
大人しくしてるだけで良い子だと認定されたし

親は親で、祖母は祖母で自慢しまくりで
この子はこんなに勉強が出来て~っていう

そしたら優しいママと優しいばぁちゃんに育てられてるからだね~っていう
周囲からの返し

そこまでが様式美かのように、お盆、正月と毎年繰り返されてきたから。


そう扱われてきた子供がどうなるかってこうなるんだよ。


--------------------------------

理的な親は自分の延長物として子どもを利用する。常に上を目指すよう励まし、
人より優れることを期待する。期待に沿う限りにおいて子を甘やかし、賞賛するが、
出来ないときには失望し、怒りを表出する。自身の自己愛によって子を振り回すのである。
こうした期待の内実は親自身の欲望であり、子どもを自分を飾る道具、所有物、
モノとして扱っているにすぎない。親の自己愛の照射を受けて養育された子どもは、
期待に添う限りは賞賛され、愛されるが、一方では自分は無条件には愛されない
(すなわち、本当には愛されない)という二重構造の中で生きる事となる。(wikiより)

---------------------------------

私の両親はここまで酷い事は無い。
褒めはしても失敗を貶すような事はなかった。
だからそれによって振り回されるという事はなかったのだが
後半2行の感覚は何故かしっくりと来るのだ。

では、なぜそう思うようになってしまったのか。

今書きながら考えていて分かってしまった。


-------------------------------------

そうした子どもは物を介して甘やかされてはいても、
信頼と受容の関係という甘えることを体験していない。
輝く子どもであることを無意識に要求され続け、しかし際限のない親の欲望を満たすことができず、
常に自己が無力化される機構が働いている。無力化される体験を浴び続けることで形成されるのは、
深刻な欠損を抱えた空虚な自己である。自己不信を中核とした自己意識は常に
悪性の抑うつを生み出し続ける。自分は無力で価値のない、
無意味な存在であるという極度に価値下げされた自己像を抱える子どもは、
自己不信が生みだす深刻な抑うつを防衛するために、鏡像で映したような、
等価の価値のある自分を発展させて自己をバランスしようとする。
甘えを断念して手に入れたのは病理的自尊心であり、背後には茫漠たる自己不信が横たわっている。
そしてその内部には愛されないことへの不安と怒り、嫉妬と羨望の感情が渦巻いている。

------------------------------------------

原因は弟の誕生だったんだろう。
弟自身に何ら問題はない。
ただ何故弟が勤勉でないのかは分からないが
末っ子だからなのか?よく姉がしっかりしてるから、とか言われたがそのはっきりとした原因は分からない。

ただ私はきっとこの時点で弟に嫉妬していたんだと思う。

子供という存在は、大人しく良い子で成績優秀だからこそ褒められる。
それ以外の子供は、叱られる存在でなくてはならない、と思っていたはず。

というのも、そういう思考がその時あったかどうかは定かではないが
今でもはっきりと思い出せるのが

「どうして弟はこんなにも愚図なのに無条件に家族に受け入れられるのか?」

という何とも言い難い憤りだ。

こんなもの、親から見たら出来が良くても悪くても、
自分の子供なのだから可愛くて当たり前なのだが

当時こどもだった自分には物凄く納得がいかなかった。
この愚図と比べたら私はもっと賞賛されるべきで、もっと評価を受けるべきだと思った。

これも今なら分かるけど4歳も離れてるんだから当たり前の話であって、、、

でもこの時の自分は、無意識に親からの良い子であってほしいという要求を受け取り
そして良い子ではない弟でそれが無効化され
なぜ弟は何もせずとも愛されるんだ?という疑問にばかり神経が集中して
不信感に陥ってしまったのではないだろうか?

当然両親は私も愛してくれたのだが、きっと私は
もっと分かりやすく弟と差別化して愛して欲しかったんだろうね。
それこそが平等だと思ってたんだと思う。
良い子で成績優秀で居るんだからそれが当然の対価だと。

だから私は本当にここ最近まで弟を一人の人格を持つ者として認める事が出来なかったし
ずっと奴隷か、何かだと思っていた節がある。

小さい頃の話をすると、
弟は面白おかしく私に虐げられてきたエピソードを話したりするんだが
今になってどうしてあの頃自分はあんなに酷い事をしてきたんだろうと
自分が自分で不思議に思ったりするんだ。

自分でした事なのにそんな事を考えるっていうこと事態が既にもう犯罪者じみてるというか
何ひとごと?当事者だよね?というような印象さえ与えかねない言い分だけど
でも本当に、今ではちょっと理解出来ない事だったりする。

ただこうやって掘り下げていくときっと
あの頃の自分はそうだったんだろうと予想出来る。

今こうやって弟と仲良く出来る事に感謝しなくてはいけないね。

親の褒めるという行為がどうしてここまで拗らせる事になったんだろうね。
叱る事が少なすぎたのかな?

でもなんだろうな。
あの不条理な感覚は今でもはっきりと思い出せるんだよな。

だからか
弟を認める事が出来るまで、なぜか弟は私の夢の中で悪い事ばかりしてたんだよ。
夢の中で怒りがピークに達し、ほとんどはそれが夜叫症となって
夜な夜な暴言を叫ぶことで表現していた。

これも今ちょっとなるほど、と思いながら書いてる。


だって、夜叫症がひどかったのだって主に受験の時だからね?
ストレスが受験のはずなのになんで毎回弟が出てくるんだろう?って不思議だったんだよ。

でも根底はそれだ。
受験でこんなに勉強して大変なのに
どうして弟は勉強もしないでアホ丸出しなのに
家族の輪に入ってるんだ?って。

そんなどうしようもない、歪んだ羨望と嫉妬が渦巻いてたんだろうね。
無意識の中に。

だからこそ私は、私だけを丸ごと受け止めて愛してくれる存在が欲しかったんだろうね。
それこそ無条件に、私だけを、っていう。

かなり偏執的だと思うけど。
でも私の夢?野望は叶ったわけだ。

それで私のこの尖った性質も丸くなったんだからね。

すごい治療だよね、これは。


自己愛性人格障害の因子になりうるものはこんなところだろうか。
何だかここに関しては、文章を読みながら
まだまだ思い出せる限り昔を思い出してみたいし、
私の視点ではない親や弟からの視点の話を聞いてみたい気分だ。


ただこうやって見てみると、
実は健蔵も似たような子供時代を過ごしている。

彼もまた、神童と呼ばれるほど子供時代は頭が良かったそうだ。
過度に期待され、塾や習い事に通わされ、家で観たかったアニメも何も見れなかったそう。
そして彼の弟は、なぜか塾にも習い事にも強制的に通わされることなく
健蔵の羨む限り、家でアニメを見ていた。

ただここらが違った。
彼は自分の母親を憎んだのだった。

これが私と圧倒的に違うところだ。
私が彼の立場なら間違いなくまた弟を妬んで憎悪に渦巻いてる事だろう。
どうして私は塾に通わされてるのに、弟は呑気にテレビ何か見てやがるんだ?とね。

健蔵はただひたすら強制してくる母親を恨み、
今でも苦手意識を持って母親に好意は抱けないでいる。

私には親を恨むという発想が無かった。
自分を褒めて、評価してくれる対象だったからだと思う。
自分にとって必要だったからだ。


今までつらつらと書き続けてきたことに加えて、自分は過敏なのだと思う。

相手の話す声色、ニュアンス、仕草、表情一つ一つから
言葉になっていない事まで読み取ろうとするのも無意識に反射的にやってしまうし

物理的に、聴覚や嗅覚、味覚も過敏であると思う。

神経が過敏になってるからか
雑音や不快音は他人より不快指数が高まって聞こえてくる。

健蔵と暮らしてるとそれが顕著で、
健蔵が気にならない音とも私は気になる事が多い。

嗅覚もそう、私は不快と思う臭いに対する反応が早くて
健蔵は気付いてすらいない。

味覚は自らが調理するので調整出来る事から不快になる事はないが
そこそこ反応すると思う。


こんな感じで一事が万事、神経が過敏に反応していると感じる。
ちょっと興奮状態に陥ると、それが嬉しくても、怒っていても
寝付きにくくちょっとした寝不足になったりする。


とにかくまぁ、
自己愛性人格障害について勉強すればするほど
今までの自分の全てが読み解けるような気がしてくるのだ。


という事で、昨日は早速、仕事帰りに図書館に行き
フロイトの本などを借りてきた。

今後の自分の何かの参考になるかもしれないので
ちょっとずつ勉強していこうと思う。


[タグ未指定]
[ 2015/10/09 11:42 ] ◯日常あれこれ   雑記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
マイクラ(PS4)
Minecraft_ PlayStation®4 Edition_1
2017年マイクラPS4版開始。 サバイバルモードをピース~ノーマル(オフライン)でプレイ中。
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ジオン軍所属。 現在プレイ頻度は極稀に。 以下、愛機。
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
将星鯖→真紅鯖と徳川家、『傍若無人』補佐として活動。 2014年に引退?現在休止継続中。
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報