吉祥寺の朝比奈君 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

吉祥寺の朝比奈君


すごく良いッ!良いッ!



図書館で借りていた本を読みました。
本当は昨日が返す期日だったんだけれど
出店とか製作で忙しくて読めてなかったから延長してもらったの。

利用者番号があれば電話1本で延長出来るから優れものだよね~図書館も。
ただし、予約とかされてる場合はダメなんだけどね。


それで、本題なんだけど
いやーーーー凄く良かったよー!!!!!

中田永一さん、つまり、乙一の本なんだけど、またwww

出版社と色々あって乙一という名前では出せなかったらしい。
詳しい事は分からないけれど、公式に中田永一=乙一は認めてる。


『交換日記はじめました!』
『三角形はこわれない』
『うるさいおなか』
『ラクガキ』
『吉祥寺の朝比奈君』


と5本の短編から成る1冊なんだけど
どれもこれも何とも切ないピュアな恋愛ものかな。

ただ、そこは乙一だからどの作品にも、おっ、と思わせるオチが用意されてるので
面白くも可笑しく、それでいて青春に浸れる作品。


『交換日記はじめました!』

二人で始めた交換日記は思わぬ事から第三者が乱入、
第三者どころか母親、見知らぬ人、いったい何人が関わるんだ?
というぐらい書き込んだ挙句、最初の二人は繋がって、そしてきちんと離れた。
しかもその二人の正体が実は、、、
そこからさらに新たに、、、

と読みながら
どうなるんだ!どうなるんだ!?とワクワクして読み進めました@w@


『三角形はこわれない』

今再放送のスラムダンクやってるから、
何となくツトムが流川君っぽい容姿を脳内で描いて読んでしまったw
いやー、、、いるよね、廉太郎君みたいな人って。
良い人過ぎて、やり方が巧妙で、そして先回りし過ぎるから
中々気づかれないんだよね~。

最後ちょっと、女の子がさ、二股っぽい感じになるじゃない?
それがちょっと、んー?え?と引っ掛かったような気もするんだけれど
でも、女の子は女の子なりに、ツトムと廉太郎の仲が壊れたら嫌で
上手く三角形を保つ為の行動だったのかなって。


『うるさいおなか』

これ声出して笑ってしまったw
私もハラナリストなんだよね~wwwww
学生の頃、ほんと苦労したよ、お腹が中々の音で鳴るからw
すごくよく分かる描写がたくさんあってw
鳴らない、鳴る可能性が低くなる体勢ってあって
それめっちゃ分かるーーーと興奮してしまったw

これはオチというオチは無いんだけど
お父さんの行動がオチかな。


『ラクガキ』

タイトルがちょっと違うかも?w
まぁうるおぼえだ。

この話が一番好きかも。
探して、探して、ようやく探し当てた人と…って普通思うじゃない?
ってそこから一転、二転するところがTHE・乙一だった。

乙一らしい仕掛けと、切なさと、正義感と。
そういえばこの作品だけ、付き合うって事が明言されてる。


で、最後の『吉祥寺の朝比奈君』はまだ読んでないんだ。
0時回っちゃったから、残りは今日読む予定、楽しみ~!


ラクガキ以外は、結末をきちんと書いてないんだよね。
読んでる限りではきっとうまくいくだろうな、って思える爽やかな終わり方をするので
モヤモヤするって事はないと思う。


4つ読み終わった後に、

あー自分も登場人物になりたーい、と思える作品だなって思えた。

こんな青春、羨ましいw

いや実際にはこんな青春、ありえないよ。。。
こどもの世界だってねぇ、汚いんだから!@w@;


嫉妬や、羨望、憎悪、悪意、裏切り、、、、、
女のドロドロはこの少女時代に形成されるんだからwww


こんなに優しくて美しい物しかない世界なんてないよおおお。


だからこそ、羨ましくなるんだろうね。


それに、学生なのに物凄く落ち着いていて
良い事と悪い事の判別がちゃんとついてて
自分の軸や世界感をしっかり持っていて

羨ましくなるよ。

私も今ならそう在る事が出来るよ。

でも高校生の時はそうなれなかったよ。

もっともっと目の前の事に必死で
何だかいつも騒がしい世界でさ、
自分の世界なんて構築出来るような環境じゃなかったなぁって。
自分の軸や世界観なんて考えもしなかったし
ただただ進学する為に必死だったよ。

一人でじっくり物事を考えるって余裕がなかったものね。
時間はあんなにあったのに。

この本はどんな少女漫画よりも少女漫画かもしれんね。
小学校5,6年生が読んでも内容的には全く問題ないし、
それどころか最近の過激な少女漫画に比べたら余程ピュアで安全だよw

少女漫画好きな、中学生や高校生にお勧めしたい一冊だなぁ。

大人になってから読んでも淡くて良い物だけど、
青春まっただ中の人達が読んでも面白いと思うし
また世界観が変わるかもしれないし。


----------------------------------------------

こうやって本を読むために図書館へ行くんだけど
図書館ってほんと好きだな。

膨大な数の本が並んでるじゃない?
それこそ家では実現出来ない規模のものが。

本が棚に一杯並んでいて、印字や古い紙の匂いが充満していて
それだけで凄く幸せな空間。

私は同じ本をそう何度も読むことはしないので
本を取っておいても無駄になるから断捨離する。
買わないと手に入らない本は、なるべく安く中古で手に入れて
そして読んで満足したらすぐにまた手放すの。
あとは出来るだけTUTAYAでレンタルとか、図書館から借りるとか。

唯一買って手元に残してるのと言えば、資料とかハウツー本かな。
これは何度も読み返すから必要w

もしも家に余ってるスペースがあるなら1室図書室作りたいぐらい!
ただやっぱり性分的に利用しないものをずっとコレクションするっていうのが
肌に合わないので自分の家でそれをやるのは理想的じゃないのかもねw

でもやっぱり本が並んでるのってテンションが上がるなぁ@w@


[タグ未指定]
[ 2015/11/06 09:59 ] ◯個人的評価 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報