学歴問題 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

学歴問題


まだ未定ですが、、、



私の弟がこれから通信制の高校に入るかもしれません。


事の発端は、今現在 弟が勤めている新聞販売所の所長の一言。

「まぁ、君はほら、そういう苦労はしてないでしょ?」
『そういう』というのは会話の前後で、『受験』や『勉学』を指しています。

弟はキレ気味に「あぁ?そうっすねー」とだけ答えたようですが。


ここの所長、

「うちは学歴は関係ないから、俺も学歴ないし、やる気さえあればのし上がれるから」

と言って、弟をパートから準所員にしてくれて、
年内には正所員にもしてくれるのですが

如何せん、話がこう 鬱陶しいのですよね。

学歴の話になったのも、国立を狙って浪人中の子が新聞配達のアルバイトに来て
「国立だ、国立いくような頭の良い子を雇った!」という所長のなんともかんとも言い難い
自慢というのか、なんというのか訳の分からない話をしつこくしてるところから派生。


この所長もただの(しかも偏差値の低い)高卒なんですよ。
本人が学歴コンプなんでしょうね。
だからやたらに頭のいい子に反応しては学歴話で弟に絡むんですよ。
多分所長自身が大卒だったらこうはなっていないと思います。


というか、まず社会的立場でも所長と準所員なのだから違って当然だと思うのですけど。

というか!普通所長という立場なら何故、一生懸命働いてる準所員のやる気を失くすような事ばかり言うのか。


私は何度もこの所長に会ったことがありますし
弟からも、ママからも話を聞いていますが
まぁ人の上に立つ器じゃねーわな、という人物です。

ただ、中卒である弟を準所員にまで上げてくれたことには、姉としても感謝しています。


この件は、弟も相当頭に来てるようで、
かなり怒りながら実家で話していたのです。

当然私も聞いて、苛立ちを隠せませんでしたが、弟に一つ提案をしたのです。


「今からでも高卒認定を取らないか?」ということを。


実は私はこの提案を出したのは今回で二度目なのです。
その一回目というのは弟が準所員になる時でした。

今から3年ほど前でしょうか、販売所の所長が変わった時に、
長年休まず真面目に働いてる弟に準所員として働かないか、と打診してくれた時の事です。


しかしながら弟は自分が中卒であるという負い目で
その申し出を断ってしまったのです。

その話を聞いた私は、弟に学歴について自信が無いなら、、、、と
提案したのが一回目でした。

弟は、うーんそうだね、とは言うものの、まるでやる気がない様子。

それならばしょうがない、とりあえず高卒認定の話はおいといても
準所員の話は勿体なさすぎる、と思った私は何とかママを説得しました。


弟は現在、準所員である為、配達と営業と事務所運営をしていますが
当時は配達のみでした。

一方でママは新聞料金集金をしていたので、仕事は違えど同じ職場なのです。
全くの違う職場であれば母親が出てくるのはあまりにも突拍子もない事だけれども
同じ職場である事を利用するべきだと思いました。

「仕事の事、母親から口利きするのは、弟も母も恥ずかしいかもしれない。
 だけれど、これは絶対に今弟の人生の中で一番逃してはいけないことだ。」

と説得しました。

母から弟をもう一度説得し、
母から所長にもう一度話すチャンスをもらって

そして今があるのです。


そして弟は準所員になってから劇的に変わりました。


仕事での自信が、人間としての自信に繋がって
家にこもってゲームばかりしていたあの弟がボーリングの社会人サークルにも参加するようになり
この3年と言う短期間の間に結婚して、子供も出来たのです。


3年前の弟を比べれば雲泥の差ですが、
今回所長に言われた事でどうしてこんなにも怒るのか。

それはやはり本人にコンプレックスがあるからに違いないのです。


だから私は

「やっぱり中卒っていう事がコンプレックスなのでしょう?
 だったら高卒認定を取るのが良い。」

と二度目の提案をしたのです。


しかしこの時も弟は拒絶反応。


「今更勉強する気などない。」だとか
「高校行きたい訳じゃない。」だとか。


「とりあえず、落ち着いて、話だけでも聞いて。」と言ったのですが


「やる気がないのに話を聞いても意味が無い。」と全く取りつく島がありませんでした。


そこで横で話を聞いていたママが

「いいよ あんた聞かなくてもママがその話聞きたいから教えて。」と入ってきたので

私は知り得る限りの通信制の高校について話しました。


頑なに拒否していた弟も、結局は聞いてるのでw
それはどういうこと?などと少しずつ興味を持っているようでした。


最終的には「掛かる費用とかそういうの知りたいんだけど、悪いけど頼める?」と
私に頼んできたので

そんな事ならお安い御用、と

まぁ今日も色々調べておりました。


学歴って、ほんとない人にとっちゃコンプレックスなんだと思います。
人前で文字を書く時とか、学歴の話題になったときとか。

それでもですね、高卒認定持ってなくても
高校レベル、もしくはそれ以上の頭持ってる人ってあまり気にしないんですよ。
それは頭が良いからなんです。

特別意識しなくても漢字も書けますし、多少の英語も読めますし
何一つ気後れする事ありませんから
例え学歴の話題になったとしても、しれーっとその場しのぎの嘘言えたりするんですよね。

まぁ極端な話、表舞台に出るような人だとショーンKのような学歴詐称になっちゃうのでしょうけどw

例えば、弟も赤ちゃんがいますから
その子供が大きくなった時に必ず進学の場面に行き当たりますよね。
そうなった時、必然的に職場、両親の集まる場、どこででも学歴の話って出ると思うのですよ。

その度に、嫌な思いする事になるんですよ。

それこそ地頭の良い人だと嘘つく事は良くないですが
その場をやり過ごすことぐらい簡単な事です。
本気で学が無い人にはそれが出来ないと思います。


少なくとも弟は、その手の嘘を付けるタイプではないですし
所長に言われたそんな一言でこんなにも怒るなら、

と、弟が興味を示したところで私は熱弁で畳みかけましたw


これまでの弟は

「中卒でも、一日たりとももニート期間無く真面目に働いて準所員にまでなった。」

というのが軸と言いますか、
何かあるとそれを言って自分自身を奮い立たせてるようだったのですが

これが高卒認定を取れば

「働きながらでも高校卒業の認定を取れた、そして正所員にもなった、
 これで誰に何を言われても劣等感もない。」

になれると思うのですよね。


このままでも正所員になれると思いますけど、
でも高卒認定取ってなった方が

この先の弟の人生、きっと今よりずっと良くなると思うんです。

心がずっと軽くなって、劣等感やコンプレックスが減って
その分気持ちも器も大きく、人にやさしくなれると思うのです。


弟の異常なほどの短気っぷりは、この学歴の無さからも相当起因しているはずなのです。


そして話がすこーし脱線するのですが
先日弟は職場の人と何やら有名な「オーラ」が視える人のところへ行ってきたそうで。

そこで何やらやたらめったらに褒められたらしいのですよw

金色のオーラをしていて、そんな人は珍しいだとかなんだとか
他にも良い事ばかり力説してましたがw

当然悪い事も診断書に書かれているのですが、弟そこ読み上げないwww
代わりに私が読んでおきましたw

まぁそのくだらないw内容はおいといても

「今何か挑戦しようかどうか迷ってることありますよね?
 それやった方がいいです、この先の人生にすごく良いです」

と言われたらしく

そこだけはほんとオーラの人も(よくやってくれた!)と思いましたwww


弟も高卒認定の事だと、すぐにピンと来たみたいで
この件も弟の背中を押す一つの要因になってくれそうです。


今日は、私の方でもネットで調べられるだけ調べたので
あとは資料請求して、実際に見学に行って、決まるのではないでしょうかね。

見学の事も既に弟には「絶対まず見に行った方がいいよ」と既に言ってはありますが。

見学行くときは私も見に行くかもw


通信制は、個人で管理してしっかり単位取らなきゃいけないので
そういう意味では誰も何もしてくれませんから自分で頑張るしかないですが

そこはそこ、私がいるので大丈夫でしょうw

この鬼教官がwホホホホw


[タグ未指定]
[ 2016/04/25 16:47 ] ◯日常あれこれ   実家家族 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報