姉から弟へ正義の鉄槌③ 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

姉から弟へ正義の鉄槌③


どうしてこうなった!?



私の号泣&絶叫における正義の鉄槌をお見舞いしながら
どうして弟はこうなったのか?の話へ移行していきました。


弟へのなんとなくの印象は
まず調子に乗ってる。地に足が付いていない。

それは、半分事実で弟が結婚するとかしないとかっていう2年ほど前から
すでに地に足はついていませんでした。

ただ結婚はとてもめでたいことですし、
弟自身とても幸せそうで、私も家族もみんな幸せな気持ちで
ずっと応援してきた事ですから地に足がついていなくても特に問題はありませんでした。

ただ最近目に余るのは、特に祖母への威嚇行動でした。

私の祖母は今年で75歳。
もう、そりゃ物忘れもするし、空気も読めないし、
自分で長い話してたら途中で何話してるのか忘れるぐらいにオチのない話もします。

しかも人が話してようとお構いなし。
何か思いついたらその時に自分のタイミングで自分の話題に持っていき
瞬時に何十年も前にタイムトリップしてもう何十回と聞いた同じ話をするんですよ。

でもしょうがないんですよ。
それがおばぁちゃんってやつですよ。


先日もこんなことがありました。

弟はわざわざリビングに全員集めて、私までLINEで隣にいる家から呼び出して
一体なんの話が始まるのか、深刻な話かとドキドキして行ったら
先日書いたそのオーラ占いの話だったんですよ。

もうね、、、脱力しましたよ。

正直誰も弟のオーラなんて興味ないですよ。

そんな話たまたま顔合わせた時にでもいいじゃないの。
このとき既にもう自分は王様だと思ってたんでしょうね。

ばぁちゃんも当然興味ないですから
私にスマホアプリゲームの話をこそこそっと邪魔にならないように振ってきたんですよ。

そしたらもう瞬間的に
「おいばばぁ!今その話しなきゃいけないのかよ!俺が話してるんだろうが!!!」

これですよ?

私はすぐに言いましたよ。

「金色のオーラ持ってる人ってそんなことばぁちゃんに言うのか?」って。

その時パパは何も言わなかったし、ママも何も咎めませんでした。
だから弟も今の今まで何も気づかず、ずっと調子乗っていたのでしょう。

弟は「あぁ!もういい!俺の話なんて聞きたくないんだろ!もういいよ!!!」


まるでごんぼを掘ってる赤子です。
生まれたばかりの甥っ子と同レベル。


そしてそういう時に、パパとママは変に出てきてこれがまたアシストするんですよ。

こっちはさ、どれだけむかつくこと言われても場の空気壊さないようにしてるのに
このゴリラは自分の気分ですぐに場を壊すんですよ。何のためらいもなくね。

なぜか?

この例にもあるように、ママとパパのアシストがあるからですよ。

それで最後結果的にどうにかなるから、無責任に切れて場をぶち壊すんです。
そして何事もなかったかのようにオーラの話に戻ったりするんですよ。

私だったら恥ずかしくてそんな事出来ないですよ。

でもこのゴリラは恥ずかしくないのか、出来るんですよね。

なぜか?

周りが全く見えてないからだと思います。

そして周りのアシストが入って当然だと思ってるのだと思います。

だから調子に乗って、ぶち切れて、簡単に戻ってくる。
そんなシステムなのだと、私は実例から推測して家族に言いました。

ママは「じゃぁ今度からは少しフォローするのやめようかな?」というので

ぜひ辞めてくれと言いました。

自分が発言した言葉で
一体どういう結果を招き、
そしてそれを受け入れなくてはいけないのか、

それを考えない限りゴリラは何度でも無責任にその場をぶち壊し
何気ない顔で戻ってくるだろうと。

不快な発言をして、周りの空気が悪くなったら、
その悪い空気を思いきり吸わせないとゴリラは悪癖を直さないと思います。
責任を取らせないといけないのです。

これに似た実例はまだいくつかあって
それらを、そういえばこんな事あったわ、あの時もあったわ、と
話してるうちにその因果関係に気づいた訳です。


まぁ申し訳ないですけど、両親にも悪い部分があったという訳ですね。


私からすればばぁちゃんなんてあと何年生きてくれるのか
最近はこんなことばかり気になってますよ。
ほぼ毎日顔を合わせてるけれども、毎日合わせられる事に感謝してます。

関節が痛くてあまり歩けなくなりましたし
もの忘れも激しいですし、
ばぁちゃんと接すれば接するだけ
あぁ~自分のばぁちゃんが歳を取ってしまったんだなぁと実感して切なくなりますよ。

大人になったらそういう感覚は自然と身に付くものだと思っていましたが
弟に限っては全くそういう次元にいないので
本当にガキでしかないな、と思いました。


とにもかくにも自分の話を聞かせたい、人の話は邪魔、
自分の話を邪魔するやつも邪魔、邪魔する奴にはスグに切れる!

まぁこういう態度が調子に乗ってる、という表現になった訳ですが。

私はこのオーラ事件の時も
金色のオーラ持ってる人はこういうことしないとか、
オーラを見てもらって色を教えてもらうことが本来の目的じゃない、
占いは自分を知るためのきっかけでしかない、

と、かなり丁寧に諭しましたよ。

ですが、結局これも届いていなかったという訳です。

あとは、職場環境が劣悪なのが理由の大半を占めていると思います。
なにせこれだけ会えば会っただけ愚痴を垂れてるのですから。

だからと言って、言って良いこと悪いことがあるのです。

いくら上司が最悪で悪い影響を受けているといってもそれも人生勉強の一つ。
鬱になるほど苦しいのであれば職場を変えることも考えないといけませんが
そうでないのならばみんな苦労して仕事してるのは同じなのです。

その中で自分のやり方を見つけていくしかない。
流し方、かわし方、受け方、自分なりの処世術というやつを。

それをはき違えて、家族に当たるなんて以ての外。
大の男がすることではないのです。

実家への鉄槌は、主に事実の突き付けがメインだった訳ですが
かなり効果はあったと思います。
特にママやばぁちゃん、理論というより雰囲気重視のため
こういった深刻な話は苦手ですぐにずらしたり逃げようとしたりするので結構大変なのです。

でもまぁ話し合いをする中で、弟の状況やシステムをより深く理解することも出来ましたし
この日も頭が痛くなるほど話し合って終わったのでした。

もちろん続く。


[タグ未指定]
[ 2016/05/09 23:39 ] ◯日常あれこれ   雑記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報