ヒメアノ~ル①~⑥ 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

ヒメアノ~ル①~⑥


かなり好み。




『サイコパス』っていうものを分かりやすく読める漫画、ですねぇ。
もちろんこの漫画はそれだけを伝えるものではないのですが。


そして読後には、


『普通(ふつう)』って何だろうか?


と強制的に考えさせられる漫画でした。


平凡すぎる毎日に退屈して人生に不満を感じていた主人公も
主人公単体で見ていくと所謂モテない、冴えない人間に見えます。
フリーターで、彼女居ない歴=年齢で、趣味もなく
毎日ただ淡々と時だけが過ぎていく。


そんな主人公がちょっとだけ勇気を出した事から友人になった同僚と

この主人公を比べると、

主人公がすごーく『普通』に感じるのですよね。
さっきまで『冴えないなぁ』と感じていたはずなのに
同僚と比較すると普通すぎる。


そしてこの突飛な同僚も、
後半から登場するストーカーに比べると、
『普通』に見えるんですよ。

あんなに独特で、面倒くさくて、おかしなことばかり言っていたのに
ストーカーに比べると「あぁ~こういう人いるいる」程度には『普通』に感じるのですよ。


そしてこのストーカーでさえ、
サイコパスと比べたら『普通』の感覚になっちゃうのですよ。
まぁ、、、いるよね、、、こういう人もさ、、、ぐらいにはね。


もう何なんだろうな、、、『普通』って一体さ、と。


だってサイコパスにとっては「人を絞殺する事」って
そこまで特別な事には感じないんだよ。

世間ではそれを『病気』というけれど、
本人に至っては特別騒ぐことじゃないという。


まぁそれが反社会的と言われる所以なのだけれどね。。。


完全に医学的な観測から物を言うなれば
「人間の脳における前頭葉の障害」ではないか、と
いう一説もあるのだけど

本人にしてみればそれが分かったから何?って事なのだよね。


もうサイコパスの中では、それが当たり前の事で普通の事なのだからね。


それでいて、世界の常識や、ルールも知識としては理解出来るのだから
そこから自分が外れてる、普通に外れてしまってるんだって

気付いた時のサイコパスの悲劇だよね。


でもやっぱり、精神病質といわれるだけあって
それを己で我慢出来るところにないんだろうなぁと。

それが残酷であり、哀しいなぁ、、、、と。


サカキバラ事件とか、思い出すよね。


こういった脳の前頭葉に問題があるであろう、
もしくは共感性が足りなく、反社会性を持っている人間が


もしもいじめられなかったら?


と、考える事がある。


世界的な統計でもサイコパスの人が必ずしも殺人を犯しているっていう事ではないようだし。


やっぱり人間の脳が成長していく一番大事な思春期の過程でいじめなどの
過酷な環境下に置かれ、サイコパスに『殺意』を目覚めさせるとこうなるのかな?って。


この「ヒメアノール」では

加速していくサイコパスの狂気と、
所謂『普通』の人たちが多少の差はあれど『普通』に暮らしている描写との

比較がうまく恐怖を煽るよなぁと感じた。


それとはまた別に考えたのは危険察知能力、、、、かなぁ。


もうさ、反社会性パーソナリティを持たない全くの『普通』の人が
最後まで普通に幸せに暮らそうと思ったら、
危険察知能力を高めるしかないと思うのだよね。


本の中で、サイコパスに殺された人達と殺されなかった人達。

この差異は何なの?

と考えたら危険察知能力でしかないかなぁって。


だって、怨恨による殺人ではない訳だしね。


殺そうとせずに共犯だと自供していれば、
いかにも怪しいって思ってる人を家に招かなければ、、、
「通報していい?」なんて声を掛けずにこっそり通報していれば、、、
犯人の目の前で通報せずに、きちんと順を追って通報していれば、、、


少なくともこの4人は死ななかったと思うのだよね。
それで共犯だった男が自供していれば
アパートは燃やされなかったし、
巻き込まれて火事で死ぬ人も出なかった訳だからさ。

巻き込まれてしまった人は危険察知能力も糞も無いよね。
火事で死んでしまったのだからね。


最初の人は絶対避けられないと思うよ。
いじめの主犯格だし。


主人公とその彼女は、
身の恐怖を感じて早くに逃げたっていうのが生死の境目だったと思うよ。
単純に運が良かった、っていうのもあるんだけど。

でも振り返れば死んだ人も、運が良かった、
って立ち止まれる瞬間はあったんだよ、みんな。


サイコパスの殺しのターゲットではなく共犯者でいられた間に自供していれば、
サイコパスと共に檻の中へ入って殺されず済んだし、

家の中に招き入れてしまったけれど
「暗証番号教えてよ」と言われた時点で逃げ出しておけば
殺されずに済んだだろうし、

サイコパスに声掛けないでさっさと家に入ってから
通報していれば絶対殺されなかったし

サイコパスをむやみに追いかけたりしなかったら
殺されなかったよねー、、、


みんな『あぁ運が良かった』と思える瞬間はそれぞれ持ってたんだよね。
でもその瞬間には違う行動を選択していて殺されてしまった。


こういう描写も、どんどん追い込まれていくサイコパスも
後から取って付けたような辻褄合わせの設定ではなくて
全てが必然的に関与し合っていた、、、
もしくはそう感じさせることが出来る、、、

というのがこの漫画の凄いところだなと思う。



[タグ未指定]
[ 2016/05/30 10:52 ] ◯個人的評価 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
マイクラ(PS4)
Minecraft_ PlayStation®4 Edition_1
2017年マイクラPS4版開始。 サバイバルモードをピース~ノーマル(オフライン)でプレイ中。
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ジオン軍所属。 現在プレイ頻度は極稀に。 以下、愛機。
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
将星鯖→真紅鯖と徳川家、『傍若無人』補佐として活動。 2014年に引退?現在休止継続中。
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報