女子高生に殺されたい、他 灰になるまで廃し続ける

灰になるまで廃し続ける

あ~イライラする。

女子高生に殺されたい、他


今日は、絶賛出勤中。



『女子高生に殺されたい』

全2巻で完結でした。
この人元々そんな長編やらないけど、あっという間で驚いた。

兎丸先生の作品は、いつも糞糞に文句言いながらも毎回読んでますw
テーマが気になるからかな?

今回は精神的な病気をてんこ盛りにしたお話でしたね。
ある程度、勉強してから描いてるとは思うけれど
勉強不足というか、あれだけの精神病の数を突っ込んだ割には
全2巻でちゃっちゃと終わらせた感が拭えないというか。。。

内容的には、もっと突っ込んで描いてもそんなに飽きないと思うし
全3巻もしくは全4巻ぐらいでもいけそうだなぁと個人的には思いますけどね。
むしろ無理やり2巻にまとめてしまった早送り感を感じました。


まず、殺されたいという気持ちを抑えられない病気、
これはこの漫画で初めて知りましたよ!

そしてその標的にされた女子高生は二重人格という設定なんですが
私も別に専門的に勉強した訳ではないけれど、
あまりに簡単に二重人格になる過程を描いているというか。

もうちょっと人格が分離してしまう原因や過程を描いてもいいと思ったし
殺されたい衝動を抑えられないのも同様。

ストーリーの展開とかオチとかは結構面白いと思ったので
もうちょっと掘り下げて丁寧に描いてたら、
シガテラとかの類の良作になったかなーって思いました。

あまりに短編で、「世にも奇妙な物語」の読感に近い印象でした。


------------------------------------------

『ガンダム THE ORIGINE Ⅱ』

蒼い瞳のキャスバルの続編です。

シャァ様は二人いた!?!?!?

ちょっと驚きの展開。
健蔵ですら知らなかったwww

確かに、Ⅰでも名前が違うなぁとは思ったんですけど
いきなり見た目そっくりの、そして名前がシャァアズナブルの青年が登場してびっくり!

ただ性格が結構違っていて。。。

そこでⅡは終わったんですけれども
Ⅲから二人は同じ学校に通う事になるので、

何らかの事件でシャァが命を落とすことになり
キャスバルがシャァの全てを乗っ取って以後、
シャァと名乗りいきていくことになるのかなー?って予想しています。

キャスバルのままでは、監視されて動けないので。

うーん、次回が楽しみです。

-------------------------------------

『進撃の巨人』

今回はかなり面白い展開になりましたね。
そして少しずつ分かっていく巨人側の目論見。

あの絵で、ギャグかますので一度もクスっとしたことがないのですが
(ギャグなのか何なのか分からない感じになる)
今回のは分かったよwwww
フフってなった。

四肢をぶった切って引きずってたので
誰かを巨人化させて食わせるんだとは思いますけど
それ誰がやるんだろー。。。

次巻が楽しみ。

-----------------------------------

『キングダム』

あの書き込み量で毎回、巻出るの速いよね!?
そして安定の面白さ。

カンキ将軍出てくると、オギコ出てくるから好きwwwww
オギコやばすぎるwww
どういう経緯でオギコがカンキ将軍と出会ったのか描いてほしいwww

しっかし、まあ面白いわ。

戦争なんて、誰が正義とかないからね。
侵略したり、奪う側には奪う側の正当性を持ってて
そして一度でも奪われたらそこからはもう復讐の連鎖だから。

だからこそ、中華を統一しようとする始皇帝は凄いんだけども。


---------------------------------


その他色々、続き借りてきましたが
未だ借りれてないのが、タラレバ娘の新刊!
実写化が話題になって売れ出しちゃってレンタルされまくってる!!!!
売れるのは嬉しいけど、読めないのはつらい!

『自殺島』もいまだ読めてないし~~~

返す時にチェックしてまた借りてきたい!


[タグ未指定]
[ 2016/10/10 10:59 ] ◯個人的評価 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ジオン軍 武神紫貴
2014y10m28d_234002746.jpg
ケンプファー
2014y10m28d_232935608.jpg
ジュアッグ
2014y10m28d_232805384.jpg
イフリート改
2014y10m28d_233107675.jpg
仏門
2010y06m07d_213820140_20141028235148a3f.jpg
信長の野望online
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望online』の有効アカウントを持ってるユーザーのみに、株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。(C)2004 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
買物情報